引越しの段取りとは?

引越し業者を選ぶらなら一括見積もりがお得!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!
ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!
引越し価格ガイド

引越しの段取りとは?

引越し前後には、さまざまな手続きを行う必要があります。うまく段取り立てて行わないと、超過料金が発生してしまったり引越し先で不便な思いをしてしまうこともあります。

 

ここでは引越しの段取り方法についてご紹介します。

 

まずは引越しのスケジュールを決める

引越しでまず最初に行うことは、引越しのスケジュールを決定することです。
大まかな日程を決めたら複数の引越し業者へ見積もりを取り、希望条件に最も合う業者を決めます。

 

詳細な時間は、業者との調整によって決定します。
3月など引越し業者の繁忙期には希望する日程では予約が取れないこともあるので、
第二、第三希望ぐらいまでは用意しておくといいでしょう。

 

引越し業者と日程が決まると、
業者によっては梱包用のダンボールを無料で貸し出してくれる場合もあります。
引越し1週間前あたりから少しずつ荷物の梱包を始めましょう。

 

退去手続きを行う

賃貸物件に住んでいる場合は、管理会社や大家さんに退去日程を連絡しましょう。
退去の際は管理者や大家さんの立会いが必要になる場合もあるので、
立会いのタイミングについてもここで決めておきましょう。

 

電気・ガス・水道・回線の利用停止、開始手続きを行う

電気・ガス・水道・回線の、旧居での利用停止と新居での利用開始手続きを行います。
インターネットや電話回線は、工事までに1ヶ月近くかかる場合もあるので、早めに手続きしておくのがいいでしょう。
利用している会社によっては、インターネットでまとめて手続きできる場合もあります。

 

役所での手続きを行う

旧居の市区町村の役所で転出の手続きを行う必要があります。

 

転出手続きは引っ越しの14日前から行うことができますが遠方への引っ越しとなる場合は、手続きを忘れると旧居の役所まで戻って手続きを行わなければならなくなり非常に手間がかかりますので、引っ越しの日程が決まったら早めに手続きしておくのがいいでしょう。

 

また、転出手続きには、住民票の移動、転居届け・転出届けの提出、児童手当、国民健康保険、印鑑登録、国民年金の変更などがあります。

 

住所変更手続き

クレジットカードや運転免許証、バイクや自動車、車庫証明など、住所登録をしている各種の契約や証明書について住所変更を行います。
住所変更を忘れると、案内が届かなくなるだけでなく、サービスが使えなくなったり
証明書が無効になってしまうこともあるので早めに手続きしましょう。

 

なお、郵便局の転送サービスに登録しておくことで、旧居に届いた郵便物を1年間の間、
新居に転送してもらうことができるので、合わせて申請しておくといいでしょう。

 

>>引越しの荷造りや梱包を上手にする方法

引越し業者を見つけるなら一括見積り!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!

ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!

引越し価格ガイド最大で50%も安くなる方法は、こちらから見積もり依頼!



引越し価格ガイド

 

見積もり依頼と同時に料金相場も分かる!


・全国200社以上の引越し業者と提携!
・実績1,780万件以上突破!
・最大で50%安くなる!
・一括見積もりでラクラク比較



引越し価格ガイド






引越し侍

 

引越し業者と荷物を入力するだけの簡単比較!

・大手から地元業者まで、提携業者は全国230社以上!
・すぐに引越し業者を選べます
・料金が格段に安くなります!



 

引越し侍





引越し業者は、一社に見積もりするのではなく一括査定がお得!
迷ったたらこちらがオススメですね。