引越し手順リストとは?

引越し業者を選ぶらなら一括見積もりがお得!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!
ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!
引越し価格ガイド

引越し手順リストとは?

引越しといっても、元の家から新しい家に荷物を運ぶだけではありません。

 

引越しではやらなければならないことがたくさんあります。ここでは引越しの手順リストをご紹介します。

 

1. 引越し業者を手配する

引越しの日取りを決め、その日取りで引越し業者に見積もりを取ります。
複数の業者に対して相見積もりを取り、比較するのが基本です。

 

2. 賃貸物件の解約手続き

賃貸物件に住んでいる場合は、不動産会社や管理会社に解約の連絡を行います。
駐車場を借りている場合も、必要に応じて解約手続きを行いましょう。

 

3. 電話・インターネット回線の手続き

電話・インターネット回線工事は1ヶ月近くかかることもあるため、早めに手続きしておきましょう。

 

4. 転校の手続き

お子様やご自身が学校に通っている場合は、転校の手続きを行います。

 

5. 荷造りを始める

荷造りは、引越し1〜2週間前から少しずつ始めるのがいいでしょう。
粗大ごみは引越し前に回収の手続きを済ませておきましょう。

 

6. 行政手続き

他の市区町村へ引越しをする場合には、転出届を出す必要があります。
転出届は引越しの14日前から手続きすることができます。

 

印鑑登録廃止や児童手当国民健康保険の資格喪失、
各種手当についても必要に応じて手続きしておきましょう。

 

7. 電気・水道・ガスの手続き

現住所での利用停止手続きとともに、新居での利用開始手続きを行います。

 

8. 各種住所変更

新聞、クレジットカードなど、住所登録をしている各種契約の住所変更を行いましょう。

 

9. 郵便物の転送届け

郵便物転送届けは、1年間、現住所に届いた郵便物を引越し先へ転送してくれるサービスです。

 

10. 旧居の清掃

部屋が汚れていると敷金が返ってこなくなる場合があります。

 

12. 電気・ガスの利用停止

電気はブレーカーを下げてから退去します。
ガスは係員が元栓を閉めて使用料金の精算を行います。立会いが必要な場合もあります。

 

13. 退去の立会い

賃貸の場合は大家さんや管理会社の立会いの元、退去時の確認を行います。

 

14. 電気・水道・ガスの利用開始

電気、水道は備え付けの使用開始申込書に記入して投函しましょう。
ガスはガス会社の係員が訪問し、利用者立会いの下開栓を行います。

 

15. 行政手続き

他の市区町村へ引っ越した場合には、引越し14日以内に転入届・転居届けの手続きを行いましょう。
国民健康保険の加入手続き、国民年金の住所変更、印鑑登録、
各種手当てなども必要に応じて手続きしておきましょう。

 

16. 運転免許証、車庫証明、自動車の住所変更手続き

運転免許証や車庫証明、自動車の住所変更も早めに手続きしておきましょう。

 

17. 引越しの挨拶

新居の近所へ引越しの挨拶をしましょう。

 

>>引越しの段取りとは?

引越し業者を見つけるなら一括見積り!

大手引越し業者の無料見積もりが可能!

ネット簡単60秒登録!嬉しい特典付き!

引越し価格ガイド最大で50%も安くなる方法は、こちらから見積もり依頼!



引越し価格ガイド

 

見積もり依頼と同時に料金相場も分かる!


・全国200社以上の引越し業者と提携!
・実績1,780万件以上突破!
・最大で50%安くなる!
・一括見積もりでラクラク比較



引越し価格ガイド






引越し侍

 

引越し業者と荷物を入力するだけの簡単比較!

・大手から地元業者まで、提携業者は全国230社以上!
・すぐに引越し業者を選べます
・料金が格段に安くなります!



 

引越し侍





引越し業者は、一社に見積もりするのではなく一括査定がお得!
迷ったたらこちらがオススメですね。